インスタ集客、YouTube×LINE公式アカウント集客はお任せ!

Twitter動画集客・投稿術!動画に外部リンクを埋め込む方法

ツイッターで集客する

SNSでの集客に困っていませんか?

YouTubeをはじめ様々なSNSで、情報を発信したいものですよね?

SNSの中でも、Twitterはうまく使えば抜群の拡散力があります。

文字を打つイメージの強いTwitterですが、動画も決められた時間内であれば投稿が可能です。

Twitterの動画投稿をうまく使うことで興味を持ってもらい、ファンを増やすしたり、外部に集客したりできるのです。

今回のお話は、

拡散力の強いTwitterの動画投稿に外部リンクを埋め込む方法についてお教えします

ツイッター動画に外部リンクURLを貼る

・Twitter動画に外部リンクを貼れるメリット
・Twitter動画に外部リンクを貼る方法
・Twitter Media Studio(メディアスタジオ)とは?
・Twitter Media Studio(メディアスタジオ)投稿のやり方

Twitterの動画投稿

通常Twitterで動画投稿を行った場合画像のように投稿がされます

もちろん、この投稿方法も悪くはありません。

ただし、Twitterの問題点として、長時間の動画を投稿できない(140秒まで)ことと、動画を再生して見終わったら別のところに行ってしまうことです。

本来ならば、自分の商品やサービスのホームページやYouTube、SNS等に誘導したいところ。

そこで今回は

効果的なTwitter動画投稿術をお教えしたいと思います。

ツイッターの動画にURLを埋め込む

Twitterの動画を見ている時に、希にこんなボタンが表示されるのを見たことはありませんか?

実はこれが外部リンク。

このリンクをタップすると…

設定したリンク先に誘導することができます 。

例えば、YouTubeの動画へリンクを埋め込んだ場合、

このようにリンク先に誘導することができます。

ツイッターから外部に集客

リンクが飛ばせると、どんなメリットがあるかというと

動画内にリンクを貼れるため、ツイッターの動画を集客やビジネスに使いやすい

これが1番のポイントになります。

具体的な例をあげると

YouTube動画の一部を切り抜いて投稿し、
「続きはこちら」として、YouTube本編動画へ流す

動画で自身のホームページやブログ等へリンクを貼ってアクセスを増やす

LINE公式アカウントの友達追加リンクを貼って登録者を増やす

商品やサービスの使い方や魅力を動画で伝えて
販売サイトに誘導して購入につなげる

etc…

ご自身のビジネスに合った使い方で、集客アップを狙いましょう!

Media Studio(メディアスタジオ)の活用

それでは、実際の手順についてお話していきます。

動画内に外部リンクを埋め込むためには、PC版のTwitterからログインしてTwitterの「Media Studio」を使用します。

Media Studioとは…

PCからTwitterの動画を管理、測定するプラットフォーム のこと。

・動画に外部リンクを貼る

・動画にサムネイルを設定、変更

・予約投稿する

などの機能が備わっています。

Media Studioの準備

PCのTwitterからIDとパスワードを入力してログイン。

次にアナリティクスの設定を行います。

Twitterの プロフィール画面から分析(アナリティクス)を選択します。

すると以下のページに移動します 。

アナリティクスを有効にするをクリックします。

すると、アナリティクスのホーム画面に移動します。

右上のTwitter広告に登録をクリックしてTwitter広告の設定を行います。

画面が切り替わるのでTwitter広告を設定するをクリックします

Twitter広告画面に移動するので、
国とタイムゾーンを確認 【次に進む】をクリックします。
(特に変更の必要はありません) 

ツイッター広告のホーム画面右上の名前部分をクリック。

クレジットカードを追加するを選択。
※追加するだけ(無料)

新規クレジットカードの登録画面に移動します。

ステータスの選択でビジネスか個人を選んで【次】をクリック。

住所情報を登録し【次】をクリック。

クレジットカード情報やメールアドレスを入力して、
「Twitter広告規約に同意します」にチェックを入れて保存をクリック。

完了すると、広告ホーム画面にアナリティクスの他に

●キャンペーン

●クリエイティブ

●ツール

の3つが追加されます。

追加された中で外部リンクを貼るために使用するのは「クリエイティブ」です。

広告ホームから「クリエイティブ」を選択して「メディア」をクリックします

画面が切り替わり、右上にメディアをアップロードと表示されていればOKです。

Media Studioの設定はこれで完了です

一度設定したら以下のURLから動画を投稿します。
(ブックマーク推奨)

Twitter Media Studio

設定がうまくいっていなかった場合は、以下のサイトが表示されます。

Media studioでツイッターに投稿する方法【実践編】

Media studioを開く

Twitter Media Studio

メディアをアップロードを選択し動画をアップ

アップロードが完了後、外部リンクを貼りたい動画をクリック。

メディアの詳細

動画を選択後、メディア設定を編集のメディアの詳細画面から【設定】を選択します。

タイトル・説明・ジャンルを入れて「Call to action」欄に貼りたい外部リンクを入力する。

「サブタイトル」機能

サブタイトルは字幕を付けることができる機能です。
特に入力する必要はありません。

「共有」機能

他者のアカウントを「共有」に設定すると、共有先に指定した相手だけ同じURLを使って動画をアップすることができます。

他のツイッターアカウントと共有した場合、そのアカウントで共有されたリンクを開くと、そのまま動画をアップできます。

「サムネイル」の設定

「サムネイルの変更」をクリックします。

ここでは、サムネイル用の画像を入れたり、動画内の好きな場面をサムネイルに設定することができます。

サムネイルが入った状態

設定が完了したらメディアの詳細画面上の「ツイート」をクリックします。

まだツイートはされません。

以下の画面に切り替わります。

予約投稿する場合は、ここで設定できます。

予約投稿する方法

予約設定するを選択、投稿日時を設定しすべての設定ができたらツイートして完了です。

ツイートを確認する

リアルタイムで投稿した場合は、ツイッターのタイムラインでツイートを確認します。

予約投稿設定した場合は上部メニューの「予約投稿ツイート」を開いて、予約投稿されているか確認します。

ツイートをタップするとメディア詳細が表示されます。

再生ボタンを押して動画を再生します。

外部リンクを確認する

動画再生時に外部リンクが表示されていれば成功です。

今回は外部リンクをYouTubeの動画に設定しているので、YouTubeへ飛ぶことが確認できたらOKです。

以上がツイッターの動画に外部リンクURLを埋め込む方法になります。